せどりdeマーケットプレイス!

せどって売ったものを紹介していきます。
<< 単価 | main | 子どもをバイリンガルに育てる方法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
CD/DVDディスクの修復(SIMO)
 最近ディスクモノが増えていることに言及しました。ディスク仕入で気をつけなければいけないのは、ディスクにキズがある場合があるということです。最近ブックオフでディスクモノを購入するときは中身を開封してディスクを確認させてくれます。
これが何枚も購入すると時間がかかるので面倒な時もあります。それに実はあのブックオフでCDをぐるりと包んでいるOPPの帯が使い勝手が良く、欲しいので「いつも(確認してもらっているけど)大丈夫だから」と言って確認無しで帰ってくることがあります。

そんなときに限って帰宅し確認するとキズだらけだったり、店頭では確認できなかったキズを発見したりと、ディスクモノにキズはつき物です。また、オークションで仕入る場合はキズがあることが多いですし、キズがあると格安で購入できます。

キズが付いた商品は価値が大幅に下がります。私だって購入するときに(仕入れでしか購入しませんが)キズがついたCDなんか要りません。

ブックオフなどの中古CD販売店舗ではキズを修復してから出しています。そこで自分でもなんとかしたいと考えるようになりました。いろいろ探してみたのですが、全体的に高額です。店舗が使用しているようなプロ仕様の商品は数十万することがわかりました。とても手が出ません。

結果行きついたのがSIMOの商品です。結構なキズも処理することができます。ほぼキズなしの状態にすることができます。当然深いキズはプロ仕様でないと難しいようで、SIMOで研磨しても修復されない商品もありました。しかし随分と商品価値が上がるものが増えました。

購入者には研磨嫌いという方も結構いらっしゃいます。研磨していることをコメントにきちんと記載しておくことが肝要です。もちろん「見た目キズなし」とも。
| ぬむ | せどり | 09:39 | comments(2) | - | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:39 | - | - | - | -
深いキズを取り除く器械は逆に、怖いです。
| | 2010/05/17 7:52 AM |

そうかも知れませんね。
| ぬむ | 2010/05/17 10:38 PM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ